越後駒ヶ岳・2

標高1,700mあたりまで上がると、景色が高山チックになってきます。下の画面左奥のピークは中ノ岳(越後駒ヶ岳・八海山と併せて越後三山とも)。


B20170722_036_1_960px.jpg
中ノ岳を望む 前駒付近 2017/7/22


正面は本日の目的地、越後駒ヶ岳。頂上も見えます。


B20170722_038_1_960px.jpg
越後駒ヶ岳頂上方面を望む 前駒付近 2017/7/22


堂々とした山体です。


B20170722_043_1_960px.jpg
前駒付近 2017/7/22


避難小屋の直下、岩場を登ります。難所だといわれるので身構えて行きましたが・・・南八ヶ岳の赤岳天望荘から赤岳頂上へと登る岩場を小さくしたような感じです。


B20170722_042_1_960px.jpg
前駒~駒の小屋 2017/7/22


雪解け後の急斜面に花。ハクサンコザクラの花が咲いていました。


B20170722_044_1_800px.jpg
前駒~駒の小屋 2017/7/22


余談ですが、このハクサンコザクラのピンク色の再現が、発売後5年を経過した椿の茶屋のミラーレス一眼ではどうも難しく感じます。薄紫に転んでしまうのです。現像工程でいじってみましたが、あと一歩が埋まりません。経営難を取り沙汰されるニコンは後継機を出してくれないし、S社のミラーレスに心が動きます。しかしこれがまた高価なので、古いのを使い続けざるを得ません(笑)


続きます。


スポンサーサイト
2017-08-13 : : コメント : 4 :
コメントの投稿
非公開コメント

「ニコン」カメラで頑張って!
本題とは大きくそれますが、
1v3思ったより以上に良いカメラ
なので
ニコンは本業のカメラの改善に力
を入れて欲しいです。

2017-08-15 07:32 : ヒメオオ URL : 編集
越後から奥羽への
 夏も調子を崩し休み休みブログにむかっています。
 谷川の逆相を除き越後から東北にかけての山は、早くから侵食がすすんでいて小規模の岩場を除き北岳のバットレスや穂高滝谷、剣のような大きな岩場は構成しませんが沢登りなどで詰めていきますと豪雪に磨かれた無名らしき岩場が結構遠景されます。何か所かの岩峰はアタックしましたが数は多く、アプローチが長く、谷川やアルプスのように気軽に行ける状況でなく会員も心の満足だけではサポート一週間の藪漕ぎに計画も尻すぼみになりました。ただ、アルプスと違い、自分らだけしかいない岩場を終えたやわらかい草の褥で過ごす満足感は素晴らしい思い出として残っております。登れるうちに楽しい山行を重ねてください!
2017-08-15 12:01 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
Re: 「ニコン」カメラで頑張って!
ヒメオオさん、こんばんは!

あ、カメラは大事な話題です(^^)
ニコンって昔は、若者にとってはあこがれのカメラでしたよねぇ。また、いい会社
だったと思います。わたしの同級生も、優秀な奴らがここに就職していきました。
今はどうしていることやら・・・ですが、いいものを作ってくれることは確かだと
信じていますので、ぜひ頑張って立ち直ってほしいです。


2017-08-17 21:50 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: 越後から奥羽への
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは!

この越後駒も岩壁があるそうですね。実は昨秋、この山麓にある温泉を訪れたことが
ありました。そこのご主人は山屋さんではなかったのですが、この山をいつか登り
たいと話すと、ここの岩壁登攀がいかに大変かということを力説されまして(笑)
金山沢という古い鉱山のある沢を詰めていくとスズメバチやマムシがいっぱいいて
オーバーハングになっている岩を超すとそこにはクマが居着いていて・・・といった
こわーいレクチャーを受けました(^^)人が少なくて静かなので、そういう困難を
チームで乗り越えたときの達成感や解放感は何にもかえがたいでしょうね。わたしは
一般登山道ばかりですが、想像いたします。

盛夏とは思えないような天気が続きます。どうかご自愛下さい(^^)


2017-08-17 22:03 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR