鳳凰山登り直し行・3

一夜明けて6月10日(土)。山頂は昨日のうちに踏んでしまったし、さっさと下山して温泉にでもつかっておうちへ帰ろうかなーと思っておりましたが、これから稜線を歩くんだという同宿のカメラマンの方の話になんとなくその気になって(笑)もう一度上がってみました。

天気予報通りの強風でした。上空は晴れていましたが、肝腎の3000メートル峰さんたちにはまたしても雲がかかっています。それも、南アルプス全部の稜線を覆っているんじゃないか、というくらいに。


B20170610_010_1_960px.jpg
砂払岳付近 2017/6/10


しかし雲をかぶったこういう姿も、見ようによってはダイナミックでいいものであります。


B20170610_005_1_960px.jpg
砂払岳付近より北岳・間ノ岳 2017/6/10


鳳凰の稜線は快晴。


B20170610_013_1_960px.jpg
砂払岳付近より薬師岳・観音岳 2017/6/10


南には富士山が雲海に浮かんでいました。


B20170610_006_1_960px.jpg
砂払岳付近より富士山 2017/6/10


カメラマンの方とここで別れ、戻った小屋で荷物を整えて・・・さて、夜叉神まで長い長い下山です。


苺平付近。針葉樹林のこもれび。


B20170610_017_1_800px.jpg
苺平付近 2017/6/10


山火事跡からは雲を脱ぎ捨てつつある白峰三山が一望できました。上でもう少し粘ってりゃよかったかな。でも寒かったし(笑)


B20170610_022_1_960px.jpg
山火事跡付近より白峰三山 2017/6/10


標高を下げると、6月の太陽に照らされた地面から熱気がむんとわき上がってくるのが感じられるようになり、春の花々が沿道をにぎわせています。


B20170610_030_1_960px.jpg
夜叉神峠付近 2017/6/10


B20170610_038_1_960px.jpg
夜叉神峠付近 2017/6/10


南御室小屋から3時間半で夜叉神登山口へと戻ってきました。山麓でひと風呂浴びて、早くも次のお山のことを考え・・・で、次も山です。


スポンサーサイト
2017-07-23 : : コメント : 4 :
コメントの投稿
非公開コメント

雲海に浮かぶ富士山
どのコマも素敵ですが、
やはり雲海に浮かぶ霊峰富士
の写真、最高ですね!
2017-07-23 17:53 : ヒメオオ URL : 編集
これも、うんかい!
 素晴らしい稜線を仰ぎ見るチャンスをものにしたらば、いよいよ夏山の予定にかかりましょう!飯豊・朝日、鳥海、栗駒、早池峰、八甲田、岩木、日高、大雪、いっそ知床!
2017-07-24 18:45 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
Re: 雲海に浮かぶ富士山
ヒメオオさん、こんばんは!

富士山と青空はどこで眺めても絵になります。鉄板コンテンツ
ですね(^^) 森林限界を超えてふっと振り返るとそこにあり
ました。一日目はガスのため見ることができなかっただけに、
うれしさひとしおです。


2017-07-30 20:21 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: これも、うんかい!
さぶちゃん大魔王さん、こんばんは!

梅雨明けしたはずなのに今年はパリッと晴れてくれませんねえ。早く本来の
姿になってほしいと思います。で、知床の脊梁を縦走するほどの実力はまったく
ないわたしですが(笑)東北の山っていいなあとこっそり考えておりまして
計画中です。無事やりおおせたらレポートします(^^)


2017-07-30 20:24 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR