鳳凰山登り直し行・1

6月9日(金)、ラッキーなことに、お山へ登る時間ができました。天気予報をチェックしますと、この日から週末にかけては、土曜日(6/10)頃に日本海を低気圧が通過するため北の方の山は大荒れの危険があるけれども南へ行くほど好天に恵まれるであろう、ただし南であっても標高の高い稜線では風速がかなり増して25m/s近くとなる可能性があるので狭い岩稜で吹き飛ばされないよう慎重を期されたし、といった感じ。じゃあどこへ行きましょうか・・・南に位置すること、多少吹かれても大丈夫そうな尾根であること、アプローチがよいこと、また小屋の予約を取りやすいこと、といった点をつらつら考えまして、5月の地蔵岳登山の折に足を延ばせなかった観音岳と薬師岳へ行って、鳳凰三山踏破ってことにするか、と決めたわけです。

未明に家を出発して、まだ誰もいない(人間のご先祖様の仲間の群れは驚くほどたくさんいましたけどね)峠道を走り、標高1,380mの夜叉神登山口に着いたのが午前6時。駐車場はぱっと見ガラガラで、車を数えてみるとせいぜい20台といったところ。登山客らしき車がポツリポツリと到着する中を準備体操し、登山靴のひもを締めあげて出発であります。

最初の1時間ほどは(旧)夜叉神峠に向けて一気に斜面を登るつづら折れの道。はじめ広葉樹、やがて針葉樹に変わっていきます。雨が降るようにヒグラシゼミの鳴き声が落ちてくる、早朝の山道。


B20170609_002_1_800px.jpg
夜叉神登山口~夜叉神峠 2017/6/9


夜叉神峠に着きました。白峰三山とご対面ですが、雲がかかってますな。


B20170609_005_1_800px.jpg
夜叉神峠より白峰三山方面 2017/6/9


夜叉神峠から鳳凰三山へのコースは全体としてよく整備されており、路面がきれいです。急登もあるにはありますがごく一部であり、歩きやすい道でした。そのかわり、とにかく長い道のりであります。

途中の山火事跡といわれる開けた場所で、再びお山とご対面。やっぱり雲がとれません。


B20170609_011_1_800px.jpg
山火事跡より間ノ岳方面 2017/6/9


この日はガスと晴れが交錯するお天気でした。しっとりひんやりとした針葉樹林の空気の中、ゆるい登山道は延々と続きます。標高2,500m前後。ところどころに雪が残っていましたが、もはや普通に踏んで歩ける程度の量でした。


B20170609_016_1_960px.jpg
苺平付近 2017/6/9


尾根の鞍部に南御室の小さな山小屋はありました。今晩のねぐらです。


B20170609_017_1_800px.jpg
南御室小屋 2017/6/9


もともとの計画では本日はここまで、登頂は明日の予定だったのですが、小屋までのコースタイム5時間30分のところを休憩込み4時間20分で到着、時間が余ってしまいました(どうもコースタイムが甘いらしい、と)。さてどうしよう・・・ってことで、小屋で荷物の一部をデポして先に進み、今日のうちに薬師岳・観音岳を往復して小屋まで戻ることにしました。

続きます。


スポンサーサイト
2017-06-25 : : コメント : 4 :
コメントの投稿
非公開コメント

梅雨の晴れ間に
梅雨の中休みに清々しい南アルプス
登攀良いですね!
白峰三山少し雲のかかったところが
逆に迫力を感じて格好イイです。
2017-06-25 16:25 : ヒメオオ URL : 編集
苺平の!
 ガスの山道っていいですね、低山あたりに登ってみたくなります。私は腰の損傷もあり40半ばで仲間に山やめた~宣言をし転居時に登攀道具をはじめ山用のグッズを入れた箱をゴミの類と誤って出してしまい心から山をやめたものですが山はずっと好きなのです。鳳凰は3000はありませんが四捨五入して私の初めての3000メートル級冬季登山だったもので懐かしい思い出もあり、白根や甲斐駒仙丈と併せて一番行った山域でしょうかね。冬の早暁、キシキシとなる雪を踏みしめながら、目の前に白根を盟主とする白い山容が藍色の空の中にそそり立っている姿は、北の峻嶮とは違った神々の領域と感じられた青春時の思い出となって50年後の今も強く残っています。
2017-06-26 12:59 : さぶちゃん大魔王 URL : 編集
Re: 梅雨の晴れ間に
ヒメオオさん、こんにちは!

快晴を願っておりましたが、稜線付近には雲がかかってしまったままで、
結局下山まで取れませんでした。しかしまあモノは考えようで(笑)
雲がかかっているくらいのほうが、手の届かない高嶺を見ているようで
奥ゆかしい気もします。こういう天気もまたよし、ですよね(^^)


2017-07-01 14:25 : 椿の茶屋 URL : 編集
Re: 苺平の!
さぶちゃん大魔王さん、こんにちは!

冬の鳳凰だったのですね!各小屋に小さな冬季小屋が付いていて、冬でも登る人が
いるんだと気づかされました。甲斐駒仙丈や白峰に比べれば危険個所は少なそうです
が、なにしろ距離が長いし強風も吹くでしょうから、体力は要りそうですねえ。

40半ばから始めた手習い的な山登りでしかも単独では、厳冬期にこういう場所に
近づけるような気がなかなかいたしませんので、わたしは人様の撮られた写真で
見るばかりですけど、冬の朝日に映える白い雪と白峰や富士の姿は美しいの一言
ですね。若いうちに見ときゃよかった、と思います(^^)


2017-07-01 14:37 : 椿の茶屋 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR