冬が終わる前に

世の中がすっかり春めいてしまわないうちに、冬の振り返りです(^^)

2月中旬、神奈川県民の森から丹沢の鍋割山へ登り、大倉尾根をつたって下りてきたときの風景から。よく晴れて暖気が入り、冬山の服装をしていると暑く感じるような好天でしたが、その一週間くらい前に降った雪が若干ながらまだ残っていて、登山者の目と足を楽しませてくれました。


B20160211_008_1_960px.jpg
鍋割山頂上(丹沢) 2016/2/11


B20160211_009_1_960px.jpg
鍋割山稜より鍋割山・富士山(丹沢) 2016/2/11


鍋割山名物の鍋焼きうどん、美味でした(^^)


スポンサーサイト
2016-03-26 : : コメント : 10 :

五箇山へ

所用があって富山へ赴いた3月5日、電車にカメラを向けるのとは別に、時間を作ってもうひとつやっておりました。富山市内で車を借りると、いまは高速道路などという便利なものが山間の合掌造り集落のすぐ近くにまで延伸されており、長いトンネルをいくつもくぐって岐阜県白川郷や富山県五箇山へものの一時間少々でたどり着くことができてしまいます。秘境が秘境でなくなってしまうことに一抹の悲しみのような気持ちも正直あるのですけど・・・とりあえず、現実は現実として受け止めることにします。

五箇山は、まぶしい雪解けの陽光の中にありました。


B20160305_035_1_800px.jpg
富山県南砺市相倉 2016/3/5


B20160305_053_1_960px.jpg
富山県南砺市相倉 2016/3/5


昔は杣仕事やわずかの畑作、養蚕などで生活していた、また冬の間は交通が杜絶したといわれる山深い集落の合掌造り民家。時代が変わり、交通が変わり、そこに暮らす人々の生き方までもが変わっても、そこが人の暮らす場所であり続けているというのはすごいことだと思います。


2016-03-21 : :

カラフルな季節

椿の茶屋のブログ、看板を掛け替えながらも延々と続いて7年目に入りました。この間何をネタにしてきたか思い起こしますと、海外勤務をしていた時期を除いて、だいたい毎年決まった季節に同じようなものを撮っていることに気づかされます。おそらくそこには、自分の見知った世界の中に居心地の良さを感じてそこからあまり外へ出ようとしないヌルマ湯的な自分の性格が投影されているわけでして(^^;)意識して少しずつ変えていかなくちゃな、とも思います。もっと知らない山へ、もっと知らない土地へ。

・・・そう言っておいて今日(20日(日))は、この季節になると毎年欠かさず足を運ぶ(爆)自宅から車で30分ほどのところにある自然観察園です。東京は朝からあたたかな陽光に恵まれ、野には春の花がすでにいっぱいでありました。

やはり野に置け、のレンゲソウ。椿の茶屋の小さい頃は春の田んぼを赤紫色に染め尽くすほど咲いておりまして、蜜を吸ったり花輪を作ったりといろいろ遊べるやつでしたが、最近は珍しくなりました。懐かしさに駆られてつい撮ってしまいます。しかし、うちの子どもたちはこの花を見ても特に感慨がわくということはないらしいです。


B20160320_006_1_960px.jpg
東京都内 2016/3/20


緑の原に浮かぶ青い宝石のような雑草、オオイヌノフグリ。春の気分を伝えることにかけてはレンゲソウに負けることのない花。


B20160320_011_1_960px.jpg
東京都内 2016/3/20


そして、本当の目的はこの子。越冬から目覚めたばかりのルリタテハです。ぽかぽか陽気の中、今年もちゃんと姿を見せてくれました。


B20160320_005_1_960px.jpg
東京都内 2016/3/20


これからは野外でできることも被写体もどんどん増えていく、楽しい季節。ソメイヨシノが街を桜色に染める頃、少し標高を上がった里山では春の妖精・ギフチョウが舞い、房総や三浦の海へ行けば(従来ほとんどネタにしてきておりませんが)美味しいシロギスやカワハギが釣竿をしならせてくれます。あれも行きたい、これも行きたい状態ですが・・・行動の対象を意識的にでも変えてゆかなくては。思案のしどころです(笑)


2016-03-20 : チョウ : コメント : 4 :

早春の富山にて

前回の更新から2週間空いてしまいました。何かと忙しい季節です(^^;)

先週末、富山を訪れる機会がありました。夜行列車で通過したことは何度かあるはずなのですが、昼間の町に降り立つのは調べたら学生時代以来、30年ぶり。北陸新幹線の開通に伴って無機質に整備された駅舎や駅前広場には、当時のかすかな記憶と重なる面影はほとんどないように感じられ、かろうじて駅前の東急ホテルが思い出となってよみがえってきたのみでありました。月日の経つのは速いものです。

富山といえば立山・劔の3,000m級山岳やそれに連なる毛勝三山といった山々の姿を間近に拝める都市。今の季節はまだ山には近づけませんので、じゃあ雪山と鉄道の一石二鳥だっ!(笑) と考えついて、富山地方鉄道の沿線を歩き、常願寺川に架かる長い鉄橋にたどり着きました。あいにく暖かい日で空気の透明度が低く、肝腎の山は霞んでしまいましたが・・・


B20160305_063_1_960px.jpg
富山地方鉄道 越中荏原~越中三郷間 2016/3/5


B20160305_068_1_800px.jpg
富山地方鉄道 越中荏原~越中三郷間 2016/3/5


時間がたっぷりできたらこの電車にゴトゴト揺られて、黒部源流の山々に入ってみたい・・・なあ・・・と、心ひそかに考えています。


2016-03-13 : 鉄道 : コメント : 2 :
ホーム

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR