白梅の孤高

このあいだメジロのついでに梅を撮ろうとして失敗しましたので、前とは別の機材を持ってやり直しに行きました。大きめのカメラやレンズで撮ると、後の現像が楽ですね・・・(^^;)

白梅というのはときとして周囲の雑景に埋もれてしまいがちですけど、そこから取りだして光にあててみると、なんと気高く美しい花であることよと思います。


B20160227_022_1_800px.jpg
新宿御苑 2016/2/27


B20160227_021_1_800px.jpg
新宿御苑 2016/2/27


スクエアに切ってみました。だいぶ以前、6x6判のカメラが欲しいなあ・・・ハッセルは高いからローライや古いイコンタシックスでも・・・でもやっぱり身の丈に合わない買い物かなあ・・・と逡巡した時期があって、結局手つかず。あこがれのフォーマットです。

スポンサーサイト
2016-02-27 : : コメント : 6 :

氷をまとって

先週、新宿御苑でメジロに遊んでもらったとき、ちょうどその近くで白梅が木いっぱいに咲き乱れて、それが午後の光を浴びて美しく輝いていた姿を見ました。今週はそれをモノクロで・・・と考えていたのですが、どうしてもうまく現像できなくて・・・あきらめて山の写真でいきます(^^;)

少し遡って昨年12月、雲取山を鴨沢登山口から一泊二日で歩いたときの写真からです。この頃奥多摩の山々にはほんの申し訳程度の雪しかなかったのですけど、石尾根から見る富士山は氷の鎧をまとったかのようになって、光を放っておりました。人を簡単には寄せ付けない峻厳で端正な富士の姿にふれた思いでした。


B20151219_012_1_960px.jpg
石尾根より富士山 2015/12/19


2016-02-20 : : コメント : 6 :

陽気と桜とメジロと

今日の東京はお昼前から青空が広がり、最高気温なんと23℃。たしか大学生だったときに同じようなことがあったよな~~というかすかな記憶を元に調べてみたら(インターネットって便利ですね)、昭和62年(1987年)2月12日の最高気温が23.0℃でした。じゃあ29年ぶりの暖かい日なのか、ほんとうに? と思ってもう少し調べてみましたところ・・・
     平成10年(1998年)2月14日  23.1℃
     平成21年(2009年)2月14日  23.9℃
となっておりました。2月に23℃というのは、だいたい10年に一度起きていたようです。すべてバレンタインデーまたはその付近であったのは、なぜでしょうね???(^^)

閑話休題、この陽気に誘われて新宿御苑へ出かけました。寒桜の類が見ごろを迎えていると聞いて、じゃあメジロだ、って思いついて(笑)

期待に違わず姿を見せてくれました。ぽかぽか陽気の午後、大好きな桜の花にいっぱい包まれて、幸せそうなメジロたちです。


B20160214_007_1_960px.jpg
メジロ 新宿御苑 2016/2/14


B20160214_016_1_800px.jpg
メジロ 新宿御苑 2016/2/14


2016-02-14 : : コメント : 8 :

晩秋の散策

暦の上では立春を過ぎて、今ごろ秋かよと笑われそうですが(^^;) 12月の晴れた休日、世田谷方面に出かけてブラ歩きをしたときのコマから。

小田急線豪徳寺駅から南東のほうへ歩くこと約10分、その名もズバリ、豪徳寺という寺があります。この寺は彦根藩主井伊家の菩提寺で、桜田門外の変で暗殺された井伊直弼の墓もここにあります。最近なぜか外国人観光客に人気だといいます。なぜでしょうねー。椿の茶屋が訪れた際にも何組かいました。

家臣の絆を今に伝える碑。 明治三十六年一月九日 旧彦根藩同志謹献 忠正公墓前と書いてあります。


B20151212_033_1_800px.jpg
豪徳寺 2015/12/12


で、この寺の名物が白い招き猫の焼き物。井伊家の祖先の危機を救った猫として大事にされていて、彦根のゆるキャラ・ひこ●ゃんの元ネタはこの猫なんだとか。なるほどー。


B20151212_026_1_800px.jpg
豪徳寺 2015/12/12


そこから谷を一つ隔てた15分ほどのところに、安政の大獄で刑死した吉田松陰を祀る松陰神社があって、松陰の墓もここにあります(長州藩の人たちが小塚原からここに移したそうです)。二人がこんな近くに眠っているとは、これも初めて知りました。


B20151212_044_1_960px.jpg
松下村塾(松陰神社) 2015/12/12


最後は夕暮れの銀杏並木。はかなげな光を楽しんだ一日でありました。


B20151212_048_1_800px.jpg
東大構内(目黒区駒場) 2015/12/12


2016-02-06 : : コメント : 8 :
ホーム

プロフィール

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR