ロンドンの公園で

ロンドンへ来るたびに、さすがだなーいいなーと思うのが、この国の紳士用品です。ガラスのウィンドウ越しに燦然と光を放つ?スーツにジャケット、コート、革靴、かばん、傘。結局いつも買うのはネクタイやカフスボタンやニットみたいな小物ばかりなのですが(笑)この日は日曜日とあって目ぼしいお店がみなお休み。あとよくお土産にしたのが紅茶やコーヒーですけど、まだ先の旅も長いし・・・買い物はあきらめて、結局公園散歩です。

いまは新緑の季節。若い緑の芝生のうねりがどこまでも続きます。アメリカの乾いた感じの光とは全然違う、透明感があってどこか物憂げな光。


B20140511_059_1.jpg
ハイドパーク(ロンドン) 2014/5/11


悠然と泳ぐ白鳥。


B20140511_039_1.jpg
セントジェームズパーク(ロンドン) 2014/5/11


お母さん白鳥は子育てに大忙し。子どもたちがかわいい(^^)


B20140511_048_1.jpg
ハイドパーク(ロンドン) 2014/5/11


B20140511_050_1.jpg
ハイドパーク(ロンドン) 2014/5/11


癒されました。


スポンサーサイト
2014-05-25 : NEW YORK CAFÉ - イギリス : コメント : 6 :

再び衛兵交替

出張の旅に出た椿の茶屋は5月11日(日)、ロンドンにいました。今ごろはヨーロッパでもチョウが飛び始める季節です。日本の本州ではレア蝶扱いですけれども英国では実は普通種だったりするクモ●ツ●キチョウやコヒ●ドシをあわよくば撮ってやろうなどと野心を起こし、電車で行けそうなポイントを調べ、ミラーレス機と運動靴を小さなスーツケースの中に詰め込んでヒースロー空港に降り立ったのです。

しかし・・・寒いっ! 空には分厚い鉛色の雲、ときどき強風に乗ってたたきつけるような小雨。空港からパディントン駅へ向かう電車の中で、もろい野心はあっという間に崩れ去りました(^^;)

仕方がないので、昨年も使ったネタ(笑)ロンドン観光名物・衛兵交替です。前回の題材は騎兵連隊でしたが、今回は歩兵で。

バッキンガム宮殿にほど近い裏通りに、歩兵連隊の兵舎があります。カメラマンと観光客たちが兵舎前の広場に陣取っていますが、あまり知られていないのか? 大した人垣にはなっていません。

鼓笛隊(右)と衛兵の分隊(左)が静かに整列しています。鼓笛隊員の軍服の、なんとまあクラシックなこと。


B20140511_014_1.jpg
ロンドン 2014/5/11


待っていると、隊長(紫のベルトをした人。将校?)と軍旗が出てきました。


B20140511_023_1.jpg
ロンドン 2014/5/11


始まりです。まず鼓笛隊が、指揮杖を持った楽長に先導されて通りへと行進して出て行きます。


B20140511_024_1.jpg
ロンドン 2014/5/11


続いて衛兵隊。


B20140511_025_1.jpg
ロンドン 2014/5/11


年甲斐もなく追っかけ(笑)


B20140511_027_1.jpg
ロンドン 2014/5/11


宮殿近くにあった観光客向けの立て看板によると、黒い帽子の横に付けられた飾りの色で部隊の見分けがつくようになっています。赤はコールドストリーム・ガーズ(近衛歩兵第2連隊)。全部で5個連隊あります。


B20140511_028_1.jpg
ロンドン 2014/5/11


やがてこの小さな部隊はバッキンガム宮殿の門へと吸い込まれてゆき、そしてしばらくするとまったく別の方向から大規模な部隊が軍楽隊を従えてやってきました。


B20140511_036_1.jpg
ロンドン 2014/5/11


このあと宮殿の庭で交替式を延々とやっていたんだと思いますが、人ごみがすごくて・・・退散しました。英国のチョウはまたの機会に(笑)


2014-05-18 : NEW YORK CAFÉ - イギリス : コメント : 6 :

ニューヨークで桜を楽しむ・4

桜で都合4回も引っ張ってしまいますが、これでいちおうシリーズの締めくくりです(^^;)


B20140427_064_1.jpg
ニューヨーク植物園 2014/4/27


B20140427_043_1.jpg
ニューヨーク植物園 2014/4/27


B20140427_029_1.jpg
ニューヨーク植物園 2014/4/27


B20140427_022_1.jpg
ニューヨーク植物園 2014/4/27


さて、ごめんなさい、ちょっと忙しいので今回は写真だけで失礼します。明日から出張行ってきます。写真撮れるかなあ・・・


2014-05-10 : NEW YORK CAFÉ - アメリカ・自然 :

ニューヨークで桜を楽しむ・3

まだ桜で走ります(^^;)

今週末のニューヨークは、やや雲が多いもののどうにか晴れて、またもお出かけ日和。先週ブロンクスのニューヨーク植物園で八重桜のつぼみがほころびかけているのを椿の茶屋は見逃さず(笑)ってことで、なぜか反対方向のブルックリンへやって来ました。

おおっ、一面に濃いピンクの八重桜! カンザン(桜の種類です)が満開直前。東京の新宿御苑あたりにもたくさんあるやつですね。

そして芝生の上には現地人の花見客多数。今日は「あたしたちの写真撮って~」とカメラを渡されることが多かったなー。しかもほとんど中国系の人たちだった。なんでだろう(笑)


B20140503_002_1.jpg
ブルックリン植物園 2014/5/3


このように花見はできるのですが、ただしここではno food, no blanketの決まりがあって、敷物をしたり飲食をしていると巡回している係員に注意されます。アメリカ人の大好きなバーベキューももちろんだめ。酒など問題外の外で、警察につかまります。(パブリックスペースで酒を見える状態においてはいけないのです。もちろん飲むのもだめ。ニューヨークの街でビールを買うとそれだけわざわざ紙袋に入れてくれるのはそのせいです)


B20140503_012_1.jpg
ブルックリン植物園 2014/5/3


カンザンは見ての通り濃厚な色で、おそらく西洋人には好まれるのでしょう。日本人的には、こればかりというのはちょっとコッテリし過ぎのような気もしますが・・・しかし色と種類が豊富にあるのが、八重桜のいいところです。

これはタオヤメ(手弱女)。日常の日本語としてはほとんど死語と化しておりますが(しつれいっ!)、花の色を見るとそういう感興を呼び起こすところがあるなあというのは分かります。京都が発祥の桜だとか。


B20140503_015_1.jpg
タオヤメ ブルックリン植物園 2014/5/3


こちらはショウゲツ(松月)。華やかな淡いピンク色とボリューム満点の咲きっぷりで、大人気でした。


B20140503_033_1.jpg
ショウゲツ ブルックリン植物園 2014/5/3


桜の季節のトリを飾る八重桜でした・・・


2014-05-04 : NEW YORK CAFÉ - アメリカ・自然 : コメント : 8 :
ホーム

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR