高尾山新年山行・4

ニューヨーク 今日もお空は なまり色

今年の北米は寒波の襲来が度重なっています。ただいまも雪が降っていまして、来週はほぼ毎日最低気温マイナス10~15℃という天気予報です。現地の人たちは

「●××…※○○!」(日本から来て寒いと思うけど、今年は特別だから!)
「△~@_@<=+QQ!」(こんな寒さにメゲちゃだめだよ!)

などと言ってくれます。アメリカ社会ではこういうときもちろん

「Z○Z○&#%%!」(気をつかってくれてありがとう!大丈夫だよ。)

と答えますが、しかし実際には日本の雪山登山はもっと寒いので、椿の茶屋、これくらいの寒さでメゲたりはしません。会社勤めにはメゲそうになりますけどね(爆)

ともあれ、寒いことはたしかです。カメラ片手に外を歩いても労力に見合った獲物が期待できず、いきおい屋内で過ごすことが多くなります。こんな週末、有意義に時間を使えるのが・・・料理であります。リンクさせていただいておりますブログ「森の食堂 ア・ラ・カルト」で見つけたレシピ[こちら]を基に、数日分の食事を作って冷蔵庫にためておくのです。ビーフシチューを大鍋でコトコト煮込んでいると、部屋じゅうが暖かくなります。ビーツが手に入ったら、次はボルシチにでもしましょうかね(^^)


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


閑話休題。新年山歩きの最終回です。


景信山の頂上にあるお茶屋さん。昨年10月にも一度ご登場いただきました。寒い風に吹かれて冷えそうになる身体を、ここで暖めます。

ストーブには薪がくべられ、灰色の煙を吐き出しています。なつかしい煙の匂い。甘酒!なめこ汁!ドリップコーヒー!ああ、どうしよう・・・


B20140105_028_1.jpg
景信山頂上にて 2014/1/5


結局うどんを食べることに。アルファ米とレトルトカレーは、持ち運んだだけに終わりました。なめこの風味、新鮮なねぎとゆずの香りがたまりません。


B20140105_029_1.jpg
景信山頂上にて 2014/1/5


丹沢に厚い雲がかかっていて富士山は見えません。しかし関東平野方面は晴れてどこまでも広く、筑波山までうっすらと見通せました。次に来られるのはいつだろう?・・・てなことで、名残り惜しくも下山となりました。


B20140105_024_1.jpg
景信山頂上にて 2014/1/5


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・


さて、冒頭で言い訳した通りネタの入荷がなく、これで在庫が底をつきました。次回は、日本に住んでいたときの記事の振り返りでもやろうかな・・・


スポンサーサイト
2014-01-26 : NEW YORK CAFÉ - 日本 : コメント : 8 :

高尾山新年山行・3

最初がとにかくつらかった今回の山歩き。今頃になって、そのわけを思い出しましたよ(^^ゞ

本格登山に備えて練習をしなければならない!などと思いついて、荷物を重くしていたのです。携帯ガスコンロ、コッヘル(鍋)、食器、食糧(アルファ米とカレー)、水1.5リットル、ストック、アウターシェル上下、それにヘッドランプとツェルト(非常用テント)まで。高尾山で誰がこんなもの使うか、と(笑)・・・以上をザックに詰め込み、一眼レフを持ち、足元をソール(靴底)ガチガチの冬山用登山靴で固めて歩いたのでした。本番ではこれにアイゼン(靴に装着する滑り止め金具)や防寒着や着替えが加わりますから、さらに重くなります。

普段何の運動もしてないのに、しかも正月明けにいきなりこんなことして、疲れるのは当たり前ですね。

しかし、よく周りを見渡すと、同じような格好をしたお兄さんやおじさんたちがそこいらに何人も。皆、ワンタッチアイゼン用の黄色いコバのついた登山靴を履いて歩いています。同じようなことを考えているんでしょう。間違いありません(笑)

・・・で、快調に飛ばして景信山の頂上に着きました。この時期は太陽高度が低いので、海が光って見えます。

<ひょうたん島>みたいな江の島と、そしてその向こうに三浦半島と。


B20140105_021_1.jpg
景信山 2014/1/5


頭上を仰げば、天使が降りてくるような光が空から(^^)


B20140105_022_1.jpg
景信山 2014/1/5


2014-01-19 : NEW YORK CAFÉ - 日本 : コメント : 6 :

高尾山新年山行・2

正直、今回は歩き始めて30分経過してから2時間あたりまでが、とてもしんどかったのです。引き返す理由を心の中で何度探したことか(^^;)

それでも登山口から2時間歩いて小仏城山の少し手前まで行ったところで、足が前にスッと出るようになりました。背筋が伸び、呼吸が活発になって、身体の中のいけないものが排出されていくような、そんな感じ。来た甲斐がありました。あたりの梢で鳴きかわす無数の小鳥たちの歌声が耳に入ってきます。

小仏城山の頂上に鎮座する、天狗様のお顔。椿の茶屋がしょっちゅうここを歩いていた頃はありませんでしたが、来訪者が増えて整備したんでしょうね。後ろは高尾山です。


B20140105_013_1.jpg
小仏城山 2014/1/5


冬枯れの尾根歩き。小仏峠からのやや急な登りも、いたって快調。バンバン飛ばします♪


B20140105_018_1.jpg
小仏峠~景信山間 2014/1/5


2014-01-12 : NEW YORK CAFÉ - 日本 : コメント : 4 :

高尾山新年山行・1

新年あけましておめでとうございます。

New York Cafeというタイトルであるにもかかわらず、一時帰国した際の日本の風景がやたらと多い当ブログであります(^^;) 今年も、日本の記事から始まります。

本日1月5日(日)、日頃の運動不足解消(いつものことですが)ってことで一人で歩きに出かけた高尾山稜です。午前6時半に高尾山口駅から登山開始、ケーブルカー駅付近まで歩いてふと東の空を見やれば、分厚い灰色の雲の向こうから幾筋もの光がさして空を染めていました。今年もいいことがたくさんあってほしいですねぇ・・・


B20140105_005_1.jpg
高尾山より横浜方面を望む 2014/1/5


初詣客を迎える高尾山の朝は早く始まります。土産物屋さんたちが準備に大忙しの中、早起きの参拝客もちらほら。


B20140105_010_1.jpg
高尾山薬王院 2014/1/5


続きます。今年もよろしくお願いいたします。

2014-01-05 : NEW YORK CAFÉ - 日本 : コメント : 8 :
ホーム

プロフィール

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR