クリスマスシーズン・3

ただいまニューヨークはクリスマスの夜です。単身赴任している椿の茶屋はいわゆるクリぼっち状態、数えてみたら23年ぶり(^^;) この寂しさを紛らわさんものと(爆)久しぶりに、カメラ片手に散歩しました。

まずは有名なロックフェラーセンターのクリスマスツリー。たしか今月4日に点灯してからすごい人出でしたが、やっと近づけるようになりました。


B20131225_006_1.jpg
ロックフェラーセンター(マンハッタン) 2013/12/25


B20131225_014_1.jpg
ロックフェラーセンター(マンハッタン) 2013/12/25


静かなそぞろ歩きを楽しめる53丁目。近代美術館(MoMA)」の前です。


B20131225_024_1.jpg
53丁目MoMA前(マンハッタン) 2013/12/25


57丁目は両面通行の大通りで、超高級ブランドショップが立ち並ぶところ。5番街との交差点に、巨大な雪の電飾が提げられていました。日本だったら許可されないのでは?


B20131225_032_1.jpg
57丁目・5番街交差点(マンハッタン) 2013/12/25


高級ホテルも目いっぱい飾っています。


B20131225_041_1.jpg
ペニンシュラホテル前(マンハッタン) 2013/12/25


こちらはバーグドルフ・グッドマンという高級デパート。ショーウィンドーの飾りがおそろしく凝っていて、ほとんど芸術品。


B20131225_040_1.jpg
バーグドルフ・グッドマン前(マンハッタン) 2013/12/25


美しいクリスマスの夜でした。


ニューヨークというのは華やかで活気があって楽しい街、というイメージを多くの方がお持ちであると思います。しかしそれはこの資本主義の都が見せるほんの一面でしかありません。日々暮している椿の茶屋の目を射るのはむしろ、こんな風景です。


B20131225_028_1.jpg
5番街にて(マンハッタン) 2013/12/25


物乞いです。この写真に写っている人もそうですが、年若い、しかも女性の物乞いが多いのがここの特徴で、顔を見られたくなさそうに黙ってうつむいています。何かのはずみで失業するとすぐにアパートから追い出されてしまい、ホームレスになるんだと。ここは資本主義の天国、しかしちょっと道を踏み外せば地獄がぽっかり口を開けて待っています。われわれにとっても他人事ではありません。


4月以来、つたないブログですがお付き合いいただきましてありがとうございました。年内の更新はこれが最後です。よいお年をお迎え下さい! (^^)/


スポンサーサイト
2013-12-26 : NEW YORK CAFÉ - アメリカ : コメント : 10 :

クリスマスシーズン・2

同じ公園の、今度は夜景(^^)


B20131207_004_1.jpg
ブライアントパーク(マンハッタン) 2013/12/7


B20131207_007_1.jpg
ブライアントパーク(マンハッタン) 2013/12/7


この日は日本時間でいえば12月8日。日本人としては、以前は外出するのに多少なりとも気を使った日です。まあここが人種のるつぼ・ニューヨークだからという要素もあるでしょうけど、日米関係がよい状態にあるのは本当に助かります。


2013-12-15 : NEW YORK CAFÉ - アメリカ :

クリスマスシーズン・1

町のあちこちでスケートリンクがオープンしました。


B20131201_001_1.jpg
ブライアントパーク(マンハッタン) 2013/12/1


灰色の樹にも赤い彩り。


B20131201_003_1.jpg
ブライアントパーク(マンハッタン) 2013/12/1


軽く街撮りをしたいとき、コンデジは重宝します。

2013-12-08 : NEW YORK CAFÉ - アメリカ : コメント : 4 :

秋の高尾山・4

少し間があいてしまいましたが、先月歩いた高尾山の続き(最後)です。椿の茶屋をおいてひとりで高尾山へ登ってきたという妻から(^^;)紅葉きれいだよーという便りを受け取ったのが2週間近く前。暖かい日本の低山も、いまはもう冬を迎えようとしているのでしょう。

さて、この日はまだまだ日射しが強くて暑さを感じるほどでした。スタスタと快調に飛ばす娘の後を、息を切らしながらついていくと、景信山の頂上。いつもながら関東平野の展望がすばらしいところ。好きな場所です。

B20131013_024_1.jpg
景信山頂上より 2013/10/13

山頂にはチョウが集まります。草原のアザミの花から花へと、アカタテハやツマグロヒョウモン、この季節ならではのウラナミシジミ、そしてそのほかのチョウが数は少ないながらも飛び交っておりました。そういえばチョウ撮影用の重い望遠マクロを手に持つのは、ちょうど半年前に撮り納めだといってあわただしくギフチョウを見に行ったとき以来です。

B20131013_022_1.jpg
アカタテハ 景信山 2013/10/13

B20131013_020_1.jpg
アカタテハ 景信山 2013/10/13

ニューヨークになんて帰りたくなーい(笑)といいながら、サラリーマンはまたすぐ任地へと戻らなくてはなりません。癒しのひとときでありました。


2013-12-01 : NEW YORK CAFÉ - 日本 : コメント : 10 :
ホーム

プロフィール

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR