冬の野鳥天国・4

報道等でご記憶の方もおられると思いますが一週間ほど前、アメリカ東海岸に強い低気圧がやってきました。市長だか州知事が史上空前の強さみたいなことを言って、マンハッタンも最大3フィート(90cm)くらい積もるんじゃないかといわれたのです。スーパーやドラッグストアではミネラルウォーターが品薄になったりして(アメリカ人もやばいと思ったら買いだめに走るんですよ、日本人と同じで)。結局マンハッタンの積雪は3フィートじゃなくて、せいぜい3インチってとこにおさまりました(笑) ・・・しかしそれ以来、毎日の気温がだんだん下がってきて、ここ数日はマイナス10℃近くになる日もちらほら。今年は暖冬だぁー楽勝やぁー! とナメてかかってたんですけど、そうは問屋が卸してくれないみたいです(笑)

・ ・ ・ ・ ・

さて、そうやって極端に寒くなる前、先週末のニューヨーク植物園です。

いつも小鳥を撮るポイントでしばらく待っていたら、どこからともなくやって来てくれました。Black-capped chickadee、和名をアメリカコガラといいます。黒いベレー帽が日本のコガラに似てますが、黒いヒゲ模様などが日本のものよりもマッシブに感じられ、また横腹部にみられるごく薄いクリーム色がアクセントになっています。


B20150125_023_1_960px.jpg
アメリカコガラ ニューヨーク植物園 2015/1/25
Nikon1 V2 ・ 1Nikkor VR 10-100mm f4-5.6 (100mm相当) ・ 中央重点測光(補正-1.0)1/2000sec f5.6 ISO200
(こんな小さいカメラ使ってるのかと言われそうではずかしいんですが(笑)しばらくデータ書きます)



B20150125_020_1_960px.jpg
アメリカコガラ ニューヨーク植物園 2015/1/25
Nikon1 V2 ・ 1Nikkor VR 10-100mm f4-5.6 (100mm相当) ・ 中央重点測光(補正-1.0)1/800sec f5.6 ISO200


ほっぺたがふくれたようで、かわいいですな(^^)


B20150125_013_1_960px.jpg
アメリカコガラ ニューヨーク植物園 2015/1/25
Nikon1 V2 ・ 1Nikkor VR 10-100mm f4-5.6 (100mm相当) ・ 中央重点測光(補正-0.3)1/2000sec f5.6 ISO200


このかわいい小鳥さんたち、行動はきわめておてんばでした。椿の茶屋の手の届きそうな位置で何度もホバリングしてみたり、レンズの上に止まってみたり。35mm判換算300mm足らずの焦点距離のレンズで小鳥を撮ろうとする者にしてみるとありがたい話ではあるんですけど、有り体に言えば餌付けされた結果です。

植物園内の道路はアメリカ流に大量の塩を撒いて雪を溶かしていますが、一歩森に入ればこの通り。気温が低いので、春になるまで根雪のままです。ここは3~4月になるとキベリタテハが舞うポイントです。チョウさんたち、どこにかくれて越冬しているのやら・・・


B20150125_016_1_800px.jpg
ニューヨーク植物園 2015/1/25
Nikon1 V2 ・ 1Nikkor VR 10-100mm f4-5.6 (10mm相当) ・ 中央重点測光(補正-1.3)1/3200sec f4.5 ISO200

スポンサーサイト
2015-01-31 : NEW YORK CAFÉ - アメリカ・鳥 : コメント : 8 :

冬の野鳥天国・3

ショウジョウコウカンチョウはこの日の森のスターでしたが、このほかにももちろん鳥さんはたくさんいました。ただあまりうまく撮れなかったので(^^;)・・・以下、残りものの中から面白そうなのを。いずれも珍しい鳥ではありません。

Blue jayです。和名はアオカケス。見ての通り、淡青色のきれいな鳥です。ショウジョウコウカンチョウのcardinalもそうですが、スポーツチームの名前になるような鳥はやはり違いますね。

日本のカケスなどと同じで、カラスの仲間ですので警戒心が強く、なかなかいい場面を撮らせてくれません。(←言い訳)


B20140209_013_1.jpg
アオカケス ニューヨーク植物園 2014/2/9


一方、こういうのはなかなかスポーツチームの名前にはならないでしょう。Mourning dove、和名は直訳ずばりでナゲキバト。地…味…な鳥です。


B20140217_033_1.jpg
ナゲキバト ニューヨーク植物園 2014/2/17


最後にwhite throated sparrow。ホオジロの仲間で、和名はノドジロシトド。目の上が黄色く、のどの部分が白くなっているのが特徴です。


B20140209_019_1.jpg
ノドジロシトド ニューヨーク植物園 2014/2/9


フグみたい(笑)


B20140217_010_1.jpg
ノドジロシトド ニューヨーク植物園 2014/2/17



さて、当茶屋を2週間ほどお休みいたします。3月半ばになればニューヨークも少しは雪が減り、暖かくなってくれるでしょうか。しかし月曜日はまた大雪の予報が出ています(><)


2014-03-02 : NEW YORK CAFÉ - アメリカ・鳥 : コメント : 4 :

冬の野鳥天国・2

先週に続きましてショウジョウコウカンチョウ。こんどはメスです。枢機卿さまの愛・・・いえ、あんまりやるとお下劣になるので、せりふは止めましょう(^^ゞ

オス以上に近づかせてくれず、手こずりました。なんとも可愛らしい目つき。


B20140209_018_1.jpg
ショウジョウコウカンチョウ(メス) ニューヨーク植物園 2014/2/9


メスのほうが地味な外見をしているのは日本の鳥の多くも同じですね。しかし地味な地色の中にすっと鮮やかな差し色が入って華やかな雰囲気を醸し出しているところはさすがです。色は違いますが、ルリビタキのメスを思い出しました。


B20140209_035_1.jpg
ショウジョウコウカンチョウ(メス) ニューヨーク植物園 2014/2/9

2014-02-17 : NEW YORK CAFÉ - アメリカ・鳥 : コメント : 4 :

冬の野鳥天国・1

真冬だよー寒いよーネタがないよーといいながらサボっていた外出。今日(9日(日))ちょっと暖かく感じたもので、思い切って植物園の森に出かけてみたら、なーんだ、鳥いるじゃん(^^ゞ

Northern cardinal(ショウジョウコウカンチョウ)のオスを見つけました。このど派手な赤色なら探すまでもなく、モノトーンの冬の森の中で目に飛び込んできます。

なお、cardinalというのは深い紅色を指しますが、カトリックの枢機卿という意味もあります。枢機卿の着る法衣の色がこれだから、だそう。


「あ、枢機卿さま。相変わらず風の冷たい日が続きますねえ。」
「なんじゃ。写真なら勝手に撮れ。」

B20140209_008_1.jpg
ショウジョウコウカンチョウ(オス) ニューヨーク植物園 2014/2/9


「いつもながら威厳にあふれた後ろ姿でございますねえ。」
「うむ、そうか。うまく撮れよ。」

B20140209_009_1.jpg
ショウジョウコウカンチョウ(オス) ニューヨーク植物園 2014/2/9


「しかし枢機卿さまのおつむは独創的というか、実に幾何学的な造形であらせられますな。」
「うるさいっ。余計なことを言うなっ。(顔真っ赤)」

B20140209_015_1.jpg
ショウジョウコウカンチョウ(オス) ニューヨーク植物園 2014/2/9


「それより食い物はないのか。」
「いやあ、この雪でございますんでねえ。こんど木の実でもお持ちいたしますよ。」

B20140209_012_1.jpg
ショウジョウコウカンチョウ(オス) ニューヨーク植物園 2014/2/9


「もっと気を遣えっ。まったく、わしを誰だと思っとるんだっ。」

B20140209_033_1.jpg
ショウジョウコウカンチョウ(オス) ニューヨーク植物園 2014/2/9


2014-02-10 : NEW YORK CAFÉ - アメリカ・鳥 : コメント : 8 :

ニューヨークの鳥撮り・2

赤い鳥のつぎは黄色い鳥です。American goldfinch(アメリカン・ゴールドフィンチ)、和名をオウゴンヒワといいます。日本のマヒワとかカワラヒワとかに比べると、なんともゴージャスといいますかアメリカらしい名前・・・

B20130602_051_1.jpg
オウゴンヒワ(オス) ニューヨーク植物園 2013/6/2

なんだかインコかカナリアのようにも見える派手な外見で、別名wild canary(ワイルド・カナリア)。そしてまた歌声もかわいいってなわけで人気者の地位を確立していて、ニューヨークのすぐお隣にあるニュージャージーでは「州の鳥」なんだそうです。そんなに珍しい種類ではありません。

オスばかり3羽ほどのグループで藪の中から出てきて、目の前の灌木の中に隠れるように止まりました。警戒心が強いようでなかなか近づかせてくれません。なんとか2、3枚撮影。やがて再び林の中へと飛び去ってゆきました。


2013-06-22 : NEW YORK CAFÉ - アメリカ・鳥 : コメント : 10 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR