読書休暇・3

続いてまたまた初見のチョウです。下の3枚は同一の個体ですが、反射角のちょっとした違いで翅の色の見え方が変わってしまう、手間のかかるやつです。そういう性質自体は無論このヤエヤマムラサキに限ったことではないんですけれども、ともかくおかげでたっぷり遊べました(笑) 読書の合間の気分転換です。


B20161210_025_1_960px.jpg
ヤエヤマムラサキ(メス) 竹富島 2016/12/10


B20161210_029_1_960px.jpg
ヤエヤマムラサキ(メス) 竹富島 2016/12/10


B20161210_027_1_960px.jpg
ヤエヤマムラサキ(メス) 竹富島 2016/12/10


スポンサーサイト
2017-03-25 : チョウ : コメント : 2 :

読書休暇・2

本を読むことだけが目的の休暇だといいながらカメラはしっかり持っているというのは、どこかに矛盾があります。いや、おかしいですね(笑)

本を読み疲れたらカメラを持って自転車を借り、チョウの集まっていそうな場所へ出かけました。初めて見るチョウです・・・少なくとも野生の個体としては。リュウキュウアサギマダラと場所を争っておりました。


B20161211_049_1_960px.jpg
リュウキュウムラサキ(オス) 竹富島 2016/12/12


2017-03-17 : チョウ : コメント : 0 :

南アルプス北岳・3


B20160723_033_1_960px.jpg
クモマベニヒカゲ 右俣(北岳) 2016/7/23


B20160723_035_1_960px.jpg
クモマベニヒカゲ 右俣(北岳) 2016/7/23


(予約投稿です)

2016-08-11 : チョウ : コメント : 2 :

八重山・6・チョウいろいろ(二)

チョウ好きのパラダイス・八重山の続きです。今回はタテハチョウとシロチョウの仲間から。

イシガケチョウ。沖縄では集落の中でよく見かけるありふれたチョウです。日中は活発に飛び回っていてなかなか相手をしてもらえないのですけど、夕方になると疲れがでてくるのか? 飛び方がゆっくりになって路上でミネラル補給をするようになります。

近年気温の上昇と共に分布を北へ東へと、近畿地方あたりまで広げているらしいのですが、椿の茶屋が昆虫採集少年だった頃(40年くらい前)は、本土では九州の南部にでも行かなければ見られないチョウでした。その頃の夏休みのこと、霧島の高原でこのチョウを見つけたときのドキドキ。捕虫網を構えて近づいたら逃げられてしまったときの口惜しさ。全部思い出しながら(笑)このチョウとの再会を楽しみました。


B20160507_076_1_960px.jpg
イシガケチョウ 竹富島 2016/5/7


次はアオタテハモドキ。西表島の荒れ地で数頭が飛んでいるのを見つけました。鮮やかな青色が目をひきます。

このチョウは数年前、東京都内に現れて話題になったことがありました。しかし本土の冬の寒さに耐えられなかったか、しばらくして噂も聞かなくなりました。なぜ都内に出てきたのかよく分かりませんけど、やはり本来いるべき場所にいてほしいと思います。


B20160509_025_1_960px.jpg
アオタテハモドキ 西表島 2016/5/9


B20160509_026_1_960px.jpg
アオタテハモドキ 西表島 2016/5/9


最後にツマベニチョウ。西表島の集落をふらふらと歩いていたら、目の前に突然やってきて、民家の生垣に咲いていたハイビスカスの花にとまりました。

地元・竹富町の<町の蝶>はこれだそうです。実に南国らしい雰囲気を醸し出すチョウです。この子の姿を間近に見て、疲れが吹っ飛びました(^^)


B20160508_059_1_960px.jpg
ツマベニチョウ(メス) 西表島 2016/5/8


八重山シリーズ、もう少し続きます。




続きを読む

2016-07-03 : チョウ : コメント : 8 :

八重山・3・チョウいろいろ(一)

チョウ好きにとって八重山とはひとつの楽園かもしれません。旅の初め、新石垣空港に着いて石垣市の中心街へ行くバスに乗っていた30分あまりの間だけでも、草地があって花が咲いていれば何頭もそこに寄っていて、とにかく、そこらじゅうピラピラと飛んでおります。東京でチョウを探すことの大変さ(ニューヨークはもっと過酷でしたけど)を思えば、やはりこれは楽園というべきです。

今回はチョウの撮影を主な目的として旅をしたのではなかったのですけど、いざ目の前に飛んでくればパブロフの犬のようにカメラを引っ提げて走って行くわけでありまして(笑)、まあたまたま出会った(八重山ならば普通に見られるような)ものを写しただけですが・・・

最も目につくのは、小型のシロチョウやキチョウの類を別にすれば、黒色系のアゲハの仲間でありました。よく見ると翅の傷んだ個体が多くて、なかなかいい写真にならないのですけど、たまたま新鮮なのが飛んできました。シロオビアゲハ、本土にはいない子です。


B20160507_032_1_960px.jpg
シロオビアゲハ 竹富島 2016/5/7


スジグロカバマダラもあちこちで見かけました。


B20160507_026_1_960px.jpg
スジグロカバマダラ 竹富島 2016/5/7


B20160508_007_1_960px.jpg
スジグロカバマダラ 竹富島 2016/5/8


これと似たようなチョウをアメリカで見かけたのを思い出しました。英語でmonarchといい、北米ではチョウのモチーフといえばこれといった具合によく引き合いに出されるやつです。似てますが、よく見比べるとあちこち違いますね。


B20141012_041_1_960px.jpg
(再掲)オオカバマダラ ニューヨーク植物園 2014/10/12


最後に、同じマダラチョウでも白く大きくて目立つやつ。日本で最も大きくなるチョウなんだとか。集落の周辺でもしばしば見かけるのですがなかなか止まってくれず、結局写真に撮れたのは飼育施設の中でした(-_-)


B20160509_045_1_960px.jpg
オオゴマダラ 由布島 2016/5/9


B20160509_046_1_960px.jpg
オオゴマダラ 由布島 2016/5/9


2016-05-28 : チョウ : コメント : 8 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR