オオミドリシジミ2017

先週の南アルプス登山(これから写真を現像します^^)の整理体操も兼ねて、近郊の低山へ出かけました。東京都内では珍しいとされるハヤシミドリシジミの生息地で、ほかにも何種類かの●●ミドリシジミという名のチョウがこの時期現れるそうです。

で、出てきたのはオオミドリシジミ(たぶん)。今シーズンまだ発生初期であるらしく、新鮮なのはいいんですが、なにしろ数が少なくて。木の枝の高い位置に止まってテリを張ります。


B20170617_005_1_960px.jpg
オオミドリシジミ 東京都内 2017/6/17


青空の色にピカピカ輝くところは、さながら飛行機の機体か。


B20170617_012_1_960px.jpg
オオミドリシジミ 東京都内 2017/6/17


B20170617_017_1_960px.jpg
オオミドリシジミ 東京都内 2017/6/17


今月に入って久しぶりにマイクロニッコール200mmF4を持ち出し、カメラに取り付けて振り回しています。以前は八ヶ岳のような高山に登るにもこのレンズを持っていきましたが、重さが1.2kgもあるとやはり足手まといになるので、いつしか平地・低山専用になりました。しかし絞ってチョウを撮ればカミソリのようなシャープな結像を楽しめて、手放しがたいレンズです。

スポンサーサイト
2017-06-17 : チョウ : コメント : 2 :

ミドリシジミ2017

まだ早いかな、もういるかな・・・とドキドキしながらこの週末の早朝足を運んだ埼玉県某所。いました! まだ発生初期なのか新鮮な個体が多く、またメスはまだ少ないようでした。

チョウを探して野山を歩き回るのは、少年時代に帰れるひとときです。


B20170603_028_1_960px.jpg
ミドリシジミ 埼玉県内 2017/6/3


B20170603_009_1_960px.jpg
ミドリシジミ 埼玉県内 2017/6/3


B20170603_013_1_960px.jpg
ミドリシジミ 埼玉県内 2017/6/3


2017-06-04 : チョウ : コメント : 4 :

読書休暇・3

続いてまたまた初見のチョウです。下の3枚は同一の個体ですが、反射角のちょっとした違いで翅の色の見え方が変わってしまう、手間のかかるやつです。そういう性質自体は無論このヤエヤマムラサキに限ったことではないんですけれども、ともかくおかげでたっぷり遊べました(笑) 読書の合間の気分転換です。


B20161210_025_1_960px.jpg
ヤエヤマムラサキ(メス) 竹富島 2016/12/10


B20161210_029_1_960px.jpg
ヤエヤマムラサキ(メス) 竹富島 2016/12/10


B20161210_027_1_960px.jpg
ヤエヤマムラサキ(メス) 竹富島 2016/12/10


2017-03-25 : チョウ : コメント : 2 :

読書休暇・2

本を読むことだけが目的の休暇だといいながらカメラはしっかり持っているというのは、どこかに矛盾があります。いや、おかしいですね(笑)

本を読み疲れたらカメラを持って自転車を借り、チョウの集まっていそうな場所へ出かけました。初めて見るチョウです・・・少なくとも野生の個体としては。リュウキュウアサギマダラと場所を争っておりました。


B20161211_049_1_960px.jpg
リュウキュウムラサキ(オス) 竹富島 2016/12/12


2017-03-17 : チョウ : コメント : 0 :

南アルプス北岳・3


B20160723_033_1_960px.jpg
クモマベニヒカゲ 右俣(北岳) 2016/7/23


B20160723_035_1_960px.jpg
クモマベニヒカゲ 右俣(北岳) 2016/7/23


(予約投稿です)

2016-08-11 : チョウ : コメント : 2 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

椿の茶屋

Author:椿の茶屋
そうなったら、瞬間に向かってこう呼びかけてもよかろう。留まれ、お前はいかにも美しいと。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR